梅雨の時期になりました?

皆さま、こんにちは(^^♪

 

今年は少し遅い気もしますが、いよいよ本格的に梅雨の時期になってきましたね?????

 

6月といえば『June Bride(ジューン ブライド)』なんて言葉皆さまも聞いたことがあるかと思いますblushheart

 

今回は『June Bride(ジューン ブライド)』についてご紹介したいと思います(/・ω・)/heart

 

『June Bride(ジューン ブライド)』とは、

 

古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えの事です。

 

意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、

 

結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、

 

この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

 

また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月?5月の結婚が禁じられていました。

 

そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。

 

『June Bride(ジューン ブライド)』となる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、

 

海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。

 

特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。 

 

ステキな由来や意味を持つジューンブライド(June bride)。

 

この時期だから楽しめる結婚式のアイデアやコーディネートなども沢山ありますheart02

 

古くから伝わる女神「Juno」に見守られた幸せたっぷりの6月の花嫁。

 

お二人らしい素敵な憧れの『June Bride(ジューン ブライド)』を叶えてみてくださいね(*‘ω‘ *)heart04

1112-095.JPG